冷蔵庫

100年後の日本、いや世界中のヨーグルトはみんな一つの冷蔵庫に収められるんだ

カテゴリ: 番組レビュー

久々にテレビ番組に関する話です。


◆水曜日のダウンタウン みんなの説SP(10/30)
小ネタ集感覚で見れる特別編。視聴者投稿の説を一気に検証する他、番組を見ている人にとってはニヤリと来るネタやお約束(○○シリーズ)も盛り込まれています。
今回ピックアップしたいのはこんな場面。
「今ボトルキャップチャレンジの動画を投稿してる人おっかない説」のVTRからスタジオトークへの流れ。

この番組は良くも悪くも正直であり、バラエティだからといって必ずしも成果が出たとか爆笑だとかで終わるものではないコーナーもあります。(こういうのを消そうとすると視聴者を悪い意味で裏切るやらせに繋がるのかな、と思うのでこれはこの番組を真剣に追うための良さであると思ってます。)

そんな訳で「~おっかない説」という大分強めの悪意タイトルを振りとしたこのVTR。実際に今頃ボトルキャップチャレンジの動画を投稿した一般の方に取材をするといったものでしたが、このインタビューの中だけでは強めの振りにカウンターを喰らわせるほどの展開は無く、「またこのスタッフはやってくれたな」という印象のまま終わりました。
ここでスタジオに場面は戻り、今見たいくつかの説に関するトークを展開。大抵どんな説でもVTR後のトークで拾う事によって一本完成するように思っているのですが(前回のすべらない話の説とかがそう)、そこでも特に視聴後の印象が昇華したようには感じず、スタジオにはどこか湿っぽい空気が漂っているようにも感じました。

だがそこに突然事件は起こりました。司会の浜田雅功がいきなりプレゼンターの一人である春日俊彰にビンタを喰らわせたのです。実はこれ、「ビンタされた後絶対頬触る説」というVTRが少し前に放送されていたので、これになぞらえて浜田は何の前触れもなく、忘れた頃に春日をビンタして検証。反射的に頬を触る春日に、浜田は「触った!!」。スタジオはざわめき、「おっかな!!!」と松本人志。
この瞬間スタジオの空気はもちろん見てる側の気持ちも一変。この2場面に特に繋がりはありませんが、それまで見ながら感じていた空気の落差に思わず痺れました。この落差を体感させるために例の説は特にカットもされなかった訳であったのだと勝手に解釈すると共に、空気感を読み、操る浜田の手腕に驚かされるのでした。

この番組はVTRや企画のウエイトが大きくそこが重要なように思われていますが、スタジオで誰が回しているかも大事な要素であると感じております。モンスターハウスとか初めてワイプツッコミのありがたさを感じたし(?)
次回も地獄の新企画が始まるみたいで楽しみです。



◆27時間テレビ(11/2~3)
久々の生放送との事で、都内滞在の合間を縫って見てみました。全編収録になって以降完全リニューアルして臨むんだ!!という風に理解しておりましたが、収録になった頃でも既にたけしさんま頼みですし、生放送の今回は普通に「今夜は眠れない」の1コーナーを復活させてますし、変わったというよりはお笑いからなるべく逃げてるのでは、という風にも思ってしまいますね…。
もちろんテーマを決めて深堀りする事は大変立派だと思います。ただそれで27時間ぶっ通しにしてもあまり付加価値が無い、という事が今回の視聴率に表れたのかなぁ、とも思いました。

とはいえ27時間平均が低すぎる…。

おそらく肝心のゴールデンの時間帯で見られていないのが大きいように感じました。教育委員会のパートはクイズ番組ながら出題のテンポが悪いように感じました。ラグビー決勝の裏だからもっと気合いを入れてほしかったものですが…。

向上委員会はお笑いの教科書や過去の向上委員会の文脈が分かってないと視聴者置いてけぼりになる感じがありました。
皆がテレビを見ていた20世紀後半と言うのはそれでもついて行ける時代だったのですが、本来は昔も今も、文脈を必要としないお笑い、内輪に頼らない作り方を基本形にしないと難しいように思います。内輪一切入れるなとは思いませんが、番組の骨格は文脈を必要としない方がいい気がしますし、それで27時間の一角を担うのは難しいと思いました。
あとついでに言うとほとんどスポーツの話をしてなかったですが、これは知ってたので大丈夫です。

よくニュースのコメント欄にはもう終わってくれとかありますが、バラエティとして自由に作るフィールドが存在する長時間番組なので、個人的にはまた面白い回が出来ることを期待してます(2011年や12年は本当に面白かった)。
24時間テレビは安定した成績を出せていますが、ドキュメンタリーの側面を持つ以上ふざけ過ぎる事が出来ないように思いますし、時期固定、構成固定で風物詩的な成績の取り方が出来ているようにも思います。
27時間テレビが性質上不安定な推移になるのは分かりますが、せめて放送時期位固定して、その中で番組が日テレに持てない強みを活かしてほしいなと思います(具体的な事を言わない上司みたいな文章)



◆こぼれ話①ドラえもんとクレヨンしんちゃんが今後どうなるか
さて低視聴率繋がりで夕方に移ったドラしんの話。
正直驚きました。ほぼプリキュアと同程度の数字にまで下がるとは思ってなかったからです。何なら後続の読売アニメの方が成績良いので、もはや知名度と言うよりは完全に在宅率ですね。私も家にいない事が多いですし。

正直ドラしんが時間帯左遷される予感はずっとしてました。
2年前にはテレ朝はニチアサの時間帯を変更し、情報番組の無い時間帯でサンデーLIVE!を開始し視聴率を取りに行く事を始めました。この時ドラしんも例外ではないように感じました。
ですがドラしんはニチアサよりは成績良いですし、一体どの時間帯なら正解なのか…。この答えが出ないからこそ、今まで金曜19時に留まっていられたのかな、と思ってました。
しかし現在の成績は大変厳しい。このままニチアサと同じくらいで安定してしまうのだろうか…?だとしたら今度は本当にニチアサの時間帯に行くのだろうか…?そういう風に思いました。
テレ朝の夕方16時半~は9月まで情報番組を放送しており、少なくともドラしんよりは成績が良かったはずですし、戻す可能性は十分にあります。(※テレ朝はよく編成を変えては戻す)
一方日曜は大分改革したくせに結局朝10時台・11時台が再放送枠になっており、過去にはこの時間帯にドラしんの傑作選や映画を放送した実績もあります。あの時数字どんなもんだったっけ…。

そんな訳で、テレ朝の事なので何が起きてもいいように心の準備をしておく必要があるように感じました。
映画や関連商品の売り上げがあるのでそう簡単には打ち切りにはならないと思ってます。今のところは。



◆こぼれ話②プレバトの企画展へ行ってきました
東京へ行く前日の10月31日。「プレバト!!2時間スペシャル」が放送されました。芸能人数名が俳句やいけばな等の芸術作品に挑戦、それをプロが採点し競い合う番組です。特に俳句コーナーはそれなりに知名度あるのでは思ってます。
この放送回では「消しゴムはんこ」の才能を認められた芸能人達が参加するタイトル戦を放送。なんと上位の作品は11月2日より渋谷に飾られるというのです。(渋谷での展示は終了しました)

マジか!!!明日から東京行くんだけど!!行く!!

という訳で特に何も予定の無かった11月2日に、渋谷まで展示を見に行きました。(ついでに渋谷スクランブルスクエアも行った)
uyqnzDzW
▲絵やん(すごい)

芸能人の制作した作品が凄いのは勿論ですが、この番組がこうして渋谷に企画展を用意している事、そしてそれを見に老若男女が集まっている事に感慨深さを感じました。
隔週2時間でも数字良くなくてギリギリで生きてた、番組内容がコロコロ変わってた時代を知ってるからこそ、今こうして人気番組の1つになってるのを実感して嬉しくなります…。


▲11月9日からは大阪MBSにて展示が始まります

お久しぶりです。先日は感謝祭の記事をご覧頂きありがとうございます。想定の12倍くらい反応あって嬉しかったです。このすばもいつか見たいです。

他にもテレビ番組はよく見てるので、前回よりは薄いですが継続的に感想を書いていこうと思います。
主に特番と、レギュラー番組の特筆すべき回をメインにしていきます。



◆有吉の壁予選(9/30深夜)
…予選かよ!この時は都内滞在中だったので、たまたま関東ローカルの予選特番が目に留まりました。
深夜1時台でゴールデン特番の宣伝用番組なら、過去の傑作選で良さそうな感じもするのに、なんと若手芸人を多数集めて、有吉さんも出演するという通常フォーマットの新録。1時台のローカル特番扱いが勿体なく感じるほどでした。

話はそれますが、就活期には何度かショックで気持ちが元に戻ってこない時がありました。そんな時、ふと目に留まったNHK「大悟道」で気持ちを元に戻したことがありました。定期的にお笑い系の番組を摂取する必要が私にはあるようです…。



◆クレヨンしんちゃん→ドラえもん(10/5夕方)
今月より土曜夕方に移動となった、元「民放最後のゴールデン帯アニメ枠」。あのテレ東すら撤退してる時点でXデーは近いと思ってました。移動自体は時代の流れなので納得してますが、大事な発表を週刊誌にスッパ抜かれてるのが一番いただけなかった部分かなと思います。
夕方でも全国ネットを維持できたのはせめてもの救いな気がします。なお2年前弄った日曜午前は今月より10時から2時間がローカル枠です。散々弄って穴を作るな。

中身ですが、クレしんは放送枠が6分拡大した事で流せる本数が3本に拡大。代わりにOPの尺が割を食ってるのでここは後々良い感じになればいいですね。ここに映画の宣伝が入ったらまた少し構成変わりそう、と思える位ギチギチです。
3本目は現状再放送らしいですが、テレビの前の子どもは5年くらいで入れ替わるイメージがあるので、そこまで問題無いと思うと共に、負担軽減の為にも過去の傑作は流していった方が質の面でも良いのかな、と思ったりです。
あとアイキャッチが復活したりと、少なくとも今後アニメとしての自我を取り戻せる予感を感じさせてくれたように思います。冷静に考えてキティ回とかゆず回とかいろんな意味ですごいよ(これはこれでゴールデンだから出来る事とも捉えられるが)

一方のドラえもんはOPを完全リニューアル。元々時代のニーズに合わせて時には大胆な試みを繰り返してきた作品なので、固定観念に囚われない表現で見事に視聴者を驚かせるのに成功したと思います。
ドラえもん(星野源)は半年前の映画初放送の際にも珍しくカットされず流された事から、過去の映画主題歌の中でも特に人気である事が推察されましたし、既に人気の曲を抜擢して勢いを付けるのも頷けます。これで新たに制作した映像が噛み合って無ければ私も既存曲を適当に流用したなぁ?という印象を持ったかもしれませんが、ただただ見事でした。フィオナも喜んでると思います。
あとは皆さんが大山ドラ主義者のように変に意固地になったり、金7跡地でアッサリ高視聴率を取った高嶋ちさ子のバイオリンをバキバキに割ったりしない事を願うばかりです。



◆変装かくれんぼ ハイド&シーク(10/5夜)
ラグビー裏でやってた番組です。こういうゲーム主体の番組で人気なものと言えば逃走中、VS嵐、フレンドパーク(見た)など様々ありますが、新しい番組が全国ネットで試されるのは中々無いので見てみました。
いくらなんでも一般人のいっぱいいる広い観光地でこれだけ隠れてたら無理ゲーに近いほか仕掛けもほぼ1人1回くらいしか見せ場が無く勿体なく感じたので、もう少し規模を縮小してもじゅうぶん行けそうな気がしました。あと1stステージの存在意義をもう少し感じさせてください。



今回書きたい番組は以上です。またなんか出たら書きます。


~おまけ~

ドラえもん繋がりの話です。
記事内に「都内に残る唯一の屋上遊園地・かまたえんに行ってみた」とあるのですが、マジか!!と思いました。何故ならかまたえんには就活での都内滞在中に偶然行ってたからです。ほんと暇つぶしとかです。
加えて、先日閉店して話題になっていた○広百貨店の屋上遊園地にも行ってました。こちらはニュースを聞いて、折角だし見てみるか~って感じで行ってきました。
そう、37日間の滞在中、知らず知らずのうちに関東の屋上遊園地を制覇していたのでした…それだけです。おわり。次回も楽しみに待っててね~~

こんばんは。今回はいつもと違う感じの話です。


~前提~
私はテレビ番組、特にバラエティ番組をよく観ているのですが、
特に毎回欠かさず注目しているのがTBS系「オールスター感謝祭」です。


存在を知った頃はそこまで番組を強く意識していませんでしたが、本番組を題材としたMAD動画や、初代男性司会者の引退による注目度上昇によって、2011年位には全編しっかり追わないと気が済まない位意識するようになりました。

ざっくり言うと160名前後の芸能人が生放送で一堂に会し、5時間半もの間クイズやゲームに挑戦する番組です。名物ミニマラソン企画は中々有名なのではと思います。
もう30年位、半期に1回やってる番組であり、今でこそ昔に比べてクイズや参加者がしょぼいとか言われるんですが、それでも新ドラマの俳優陣や各界の著名人・有名人が一堂に会する姿は圧巻です。
またこれだけの著名人が揃う番組はあまり無く、更に言えば生放送という「何が起こるか分からない」ドキドキ感も強い魅力の1つです。
最近では「オールスター後夜祭」という深夜番組の立ち上げによって、お笑いやクイズシステムの成分を補完出来るようになったのでこちらもありがたいです。

一人暮らしを開始してからは確実にこの日の5時間半(近年は合計7時間半)を確保し、
この日は宴や!と決めて毎回ピザや酒を用意して臨んでおりました。
長時間の視聴を通して、食べた物を即消費する感覚がある事から、段々と食べ物は小分けに増えていき、後夜祭の開始以降は酒が2本になりました。
ただここまでしても地方住みの私には冒頭5分の「もうすぐ枠」を見ることは出来ないし、真のフルをリアタイするのは無理だわなぁ…と思っていました。
何が問題って冒頭5分間にクイズがあるんですよ。今となっては貴重なクイズが。


~思い切って赤坂へ~
そんな私に、またとないタイミングが訪れます。
10月1日(火)は多くの企業で内定式が行われます。私が内定を頂いた会社もその1つです。
更に、この2日前の日曜日にはフォロワーと都内での飲み会の予定が入りました。
この時点で上手い具合に東京への滞在期間が出来たのですが、飲み会の前日は感謝祭の放送日でした。

「だったら土曜日に東京入りすればホテルで事前枠から見れるやん?」
今まで放送日前後に上手く東京に滞在する期間が出来たこと無かったので、このまたとない機会は絶対活用しようと思い、土曜日の東京入りを決めました。

そしてここで更に、
「どうせ泊まるなら赤坂で窓からマラソン見える所とかあるかな?」と思いました。
一応今回旅行の目的地と赤坂がそこまで離れていない事を確認した上で、地図から「心臓破りの坂」が見えるホテルを予約しました。探せば分かります。
お値段はそれなりにはなりましたが、高すぎる訳では無いし、この滞在自体が頑張った自分へのご褒美だとすればいいし、何より来年春以降に社会人になったら5時間半齧り付いて宴するのは無理だろ…と思ったので、
「今回が自分の考える中で最高の環境で感謝祭を見れる最後の機会」だと考えて決めました。もうこれで悔いは無いみたいな(?)


~放送当日~
東京から地下鉄で赤坂へ。東京入りした時点で夕方だったのですが、ホテルを探す自分の眼前にいきなり「あの何度も見たマラソンコース」が現れます。番組ロゴがそこら中にあるあの光景にまず感動いたしました。
ただ当然ながら警備員めっちゃいたのでなんとなく写真は撮れなかった…。尚この時点でも既に場所取りがチラホラ。
マラソンコースは既にセッティング済で、あの黄色いジャケットや、カメラマンを乗せたバイクが次々と目の前に現れました。もう感動しっぱなしです。
また実際マラソンコースの近くを歩いてみると、案外コンパクトなんだなぁと思わされました。上手く魅せてると思います。

外で見られるのはマラソンコース位だったので下見を済ませコンビニへ。お弁当がほぼ無かったのですが、「オール★スターサンド」と「カップヌードル謎肉祭」があったので、オールスター謎肉祭が今回の夕食になりました。
IMG_-h0x8de

18時25分、事前枠放送開始。番組で出題されるクイズに参加するという基本的人権を得る。
正面はテレビ画面ですが右を向けば窓から心臓破りの坂~大道具通路入口が見えるので、着々と進むマラソンのスタンバイをCM中に確認していました。若手アナウンサー達が軽くアップをしていました。

折角目の前まで来たんだからマラソンの沿道まで行けば良かったのでは…とも思ったんですが、別に映りたがりでも無いのでやめました。あと他の企画も普通に見たかったので。

20時頃マラソン開始。外からは窓越しでも歓声が聞こえます。更に中継より少し早く、心臓破りの坂を登りきったランナーが大道具通路へと入っていく所が見える訳で、カメラに映らない所まで余す所なく一体となって楽しみました。
特に今回は前回と違いハンデが絶妙で、あのデッドヒートが見られたと思うと嬉しい限りです。
そしてマラソンが終わると、コースは放送中にあっという間に撤収され、22時前には現状復帰されてたような気がします。さびしい…(?)
IMG_-f5upkx


~放送終了後~
さて今回は番組終了からCM無しで次番組(世界陸上)に接続する珍しい回だったのですがそれはさておき、
TBSには放送終了から数分でとんでもない数のタクシーが集結しており、軽く交通混乱を起こしておりました。
私も付近へ向かってみます。

芸能人だけでなく大勢のスタッフが撤収していく訳ですが、やはり私や他出待ちの人達の所まで来るような人はおらず、タクシーに乗り込む芸能人数名を遠目でチラチラと見るだけに留まっています。しかも遠目だから誰だか分かんねえ…(何しに来たんだ)

そんな時でした。なんと目の前に森渉・金田朋子夫妻がやって来ました(!!!)
こういう時急に手を差し伸べる事が出来ないんですが、「マラソン見てました!1位おめでとうございます!感動しました!」位言えたら良かったなぁ…
余談ですがこの夫妻に関しては同じ週の「水曜日のダウンタウン」の企画にて仲睦まじさを確認したばかりだったので、水ダウ・マラソン・感謝祭後オフの姿を通して本当に一貫した仲の良さを感じました。

IMG_2boq1q


~やってみた感想~
今まで東京行った中でもあまり類を見ない試みでしたが、この時期だからこその、悔いの無い選択だったと思います。
4日間ほど滞在してたのですが、帰れば心臓破りの坂がある生活というのは中々面白いものでした(歩道が無いので登ってはいない)。
こんなファンもいるんだからこれ以上不祥事を起こさないで欲しい(謎の締め)

そういえば消費増税のタイミングもこの滞在期間に含まれていたので何気に激動の4日間でしたね…。
私もこれを機に、就活からの心機一転用の大きな買い物を済ませました。残り半年、やれる事はどんどんやってみます!

↑このページのトップヘ