冷蔵庫

100年後の日本、いや世界中のヨーグルトはみんな一つの冷蔵庫に収められるんだ

カテゴリ: 基本情報

なんなん

【はじめましての方へ】
本日は「冷蔵庫」にお越しいただき、ありがとうございます。本ブログを運営しております「ケフィア」と申します。よろしくお願いいたします。
「ケフィアって何者?」という方はこちらのニコニコ大百科記事をご覧ください。


【なんで冷蔵庫って名前にしたの?】
私はケフィアというハンドルネームで、2012年頃よりインターネットの各種媒体で名乗らせていただいております。
2018年、新たにブログを立ち上げる際に名前を考えたのですが、既にHNが浸透していた事、本ブログの活用方法の一つを意味合いに含める事がマッチした結果、「ケフィアを保存するなら冷蔵庫だよな」と決定した経緯があります。
現在、意見発信の場所として、本ブログ「冷蔵庫」とブロマガ「ケフィアのブロマガ」の2種類を公開、管理しております。「ケフィアのブロマガ」は冷蔵庫より前に開設した場所であり、一部記事は引き続きこちらに公開しております。


【冷蔵庫の中には何が入ってるの?】
①これまでの調査事項の保存
私はこれまで、幻のアニメ「星の子ポロン」とそれに関連するコンテンツに興味を持ち、大学内データベースや日本全国の図書館から番組の放送に関する情報を集めてまいりました。ですが、当時それをまとめて発表していた場所はその時によってまちまちであり、全体ではむしろ散らばっているという状態でした。
このブログでは、これまでに公開した調査メモのリストをまとめて列挙すると同時に、ツイッターだけに公開していた調査メモを新たにひとつなぎのメモにするという作業を行いました。作業は完了し現在公開中です。詳細は本ブログ内「調査メモ」のカテゴリをご覧ください。

②これまで行った各種企画の保存
私はこれまで、主に「星の子ポロン」コミュニティフォロワーを顧客対象とした各種企画に携わってきました。参加したものもあれば、私発案・主導で行った企画もあります。その際のコンセプト、狙いは何だったのかなど、「企画の意味」を保存するため、各種企画終了後に書ける限りで執筆しております。
例:【 #DecupleStars 】合作『Decuple Stars!!!!!!!!!!』担当パート解説とか色々

③ドメイン「cha-ken.com」の保存
2018年、ドメイン「cha-ken.com」を取得し、本ブログのURLとして使用しております。取得に至った経緯は「cha-ken.comを奪還しました」をご覧ください。

④情報ポータルサイト「ニュースマン研!」の保存
2016年からおよそ1年半、アニメ「チャージマン研!」の商品情報などをまとめて見れることを目的とした情報ポータルサイト「ニュースマン研!」を運用しておりました。現在は公開を終了しておりますが、記事アーカイブは本ブログに移設しております

⑤自由な情報発信
私は主にツイッターをメインとして情報発信を行っておりました。ですが、どうしても「全部言うのに文章が長くなってしまう」「コミュニケーションツールにおいてネガティブな側面を含む話題が出しづらい」など、ツイッターという枠組みでは解決できない問題が自身の中に発生しておりました。本ブログでは、自分の思った意見をしっかりした文章量をもって、誤解の起こらぬように自分の意見をジャンル関係なく発信しております。要するに普通のブログです。
以前までは「ツイッターでの意見発信用の補助ツール」のような立ち位置でしたが、ツイッター削除後は意見発信の場所がここしか無いので、近況報告から食レポまで何でもござれ状態です。要するに普通のブログです。


本ブログのトリセツは以上になります。それではこの後もごゆっくり冷蔵庫をお楽しみください。


【PR】
星の子ポロンコミュニティでは、アニメ「星の子ポロン」の情報をお持ちの方を探しております。もし何かご存知の方がおりましたら画像内連絡先までご連絡ください。
画像はプロモーションツイート用に制作した捜索願です。
1d623fa80ec654a0910466ae19bfff1b436ffdc9

こんばんは。ケフィアです。

カルトアニメが45周年を迎え、新元号も発表され、新年度が始まり…など、
私を取り巻くアレコレが大きな節目を迎えており、
今はようやくそれらに一区切りが付いたという頃でございます。

もちろん、これからも大きな節目が待っています。
そんな今後に関しまして、もう少し皆さんに共有しておくべきと判断いたしましたので
以下に「今の私と今後に関しまして」書ける限りでの詳細を記します。





私は以前(2019年1月6日)まで使用していたアカウントを削除しました。

私は昨年夏頃に発生したとある騒動に関しまして、ずっと中立者として双方の主張を読み続けていました。
とはいえ、私も生身の人間ですし、一方の言動を受けて、どうしても自分が感情的になる瞬間や、自分の中立者としての軸を保てなくなる瞬間が度々訪れました。
しかし、当時私は1月投稿の合作を抱えていたこともあり、私からこれ以上の人間関係の悪化や、コミュニティへの不信感を募らせるアクシデントは起こせませんでした。加えて当時はコミュ主でもありました。
ツイッターにいる事でそれらの不審に思う対象との接触が避けられない苦しみから、ある時期よりツイートの投稿頻度を大幅に下げておりました。





こうして合作を投稿し、ようやくのアカウント削除に至りました。
そこから2か月を経て、現在は新しいアカウントで、以前と同じく「ケフィア」名義で活動を続けています。
当初は別名義でこっそり復帰する事を考えておりましたが、
いつかはバレるだろうし、自らの意志を伝えるためにも逃げ隠れしていてはもどかしいという判断に至り、
特定ユーザーと、一部特定ユーザーをフォローしているユーザーをブロックした(またはフォローを返さない)状態で再開いたしました。

名前こそ同じですが、衝突を起こしたくないあまり誰もブロックせずにいた以前のケフィアとは別人であると考えてください。
特定ユーザーの皆様には大変申し訳ございませんが、ツイート頻度を減らし、アカウントを消すほどに苦悩を続けた上での決断でございますので、納得の行かない所はあると思いますが何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。
また、既にコミュ主・各種サイトの管理人ではありませんので、本件に関しまして特定作品および特定コミュニティと結びつけた批判はご遠慮ください。
一部特定ユーザーに関しましては、私とのやりとりが間接的に当該人物と繋がる事すら精神的に辛い状態でございましたので、止むを得ず、一部ユーザーに関してもブロックしてしまっている現状です。
彼らのツイートに関しては何も不満は無いのに、そう対処するしかない人達が居るのは率直に辛いし、何より申し訳ないです。





私はこの半年余りほど、自分の感情が壊れそうで仕方ありませんでした。
完全に壊れてしまう前に、これ以上見ることができないと感じたものに対して蓋をするという決断をしたことで、こうしてTwitterを再開することができました。
そんな中で、私の帰還を快く出迎えて下さった方々に、今ここで改めて厚く御礼申し上げます。

(本当なら誰もブロックする必要のないコミュニティであることが1番の幸福ではありますが、コミュニティ単位でのユーザー尊重はもう限界といったところでしょう…他フォロワーを見ていてもそう思います。)





最近、コミュニティの衰退や上映会イベントの消滅に関して言及して下さった方もいました。

特に騒動を経てからは、特定人物への粘着が目立つユーザーの存在や、オフ会というリアルの空間だからこそ起きうる不健全な出来事に関しまして、注意深く受け止めると共に、
再発防止の為のしっかりした指針無くして行えない、という気持ちがあり、少なくとも私からは、以前のような大規模企画を行うことは現状考えておりません。そういった、活動や表現の「不自由さ」はどうしても「コミュニティの衰退」と受け取られてしまうでしょう。

しかしこれはあくまで私の話です。何か楽しい企画を思いついた人がいれば、どんどん実行してほしい!是非!出来ることがあれば協力します。

以前の記事にも訂正したように、私に関するデマの吹聴や、特定人物に対する誹謗中傷、特定人物への強い粘着の見える発信や、それこそ過去には特定人物へのネットストーキング一歩手前のような言動が見られたこともあったとフォロワーから伺っており、イベントの開催はこうした嫌がらせ行為の温床となります。
そこで皆さんも、何が「嫌がらせ投稿」で、何が「信ぴょう性のある発信」なのか、ツイートの内容を見極めて受け取る必要があります。
私の話に限らず、インターネット上で悪質なコラ画像やガセの記事に踊らされて嘘の情報が蔓延するのは社会問題の一つです。皆さんもネットリテラシーが全く無いというわけではないと思うので、怪しい発信や不快な発信はすぐ真に受ける事のないようにご注意願います。





さて、皆が好きなものに対して、語り合ったり、調査しあったり、創作しあったりでコンテンツそのものを盛り上げることのできるインターネットコミュニティにおいて、建設的な発信は歓迎ですが、誰かを不自由にさせる言動や、周囲の人が不快に感じてもおかしくないような発信は、今後起きなければいいなあと感じています。

もちろん、人には誰しもプライベートや精神的な側面においてなんらかの事情を抱えているものだと思いますし、それに関する否定は私からもしません。私だって気持ちの起伏はある方です。
人に嫉妬しやすい性質、1つのことがずっと忘れられない性質等、皆さんの中にも色々あるとは思いますが、それがもし誰かに迷惑がかかるかもしれないものであるなら、それをコミュニティでの交流のなかに「持ち込まない」気遣いをするのも、一種のモラルであると考えます。
これは皆様一人ひとりがそうであればいいなぁという願望形ではありますが、何より私自身も気を付けていかなければならない、という自戒の念も込めております。ご迷惑をおかけした皆様ほんとすみません…





ここまで結構コミュニティという単語を用いてお話してきましたが、私自身は以前ほどコミュニティ単位での意識は行わないつもりです。とはいえMAD動画や、先日公開した企画のように、変に気負わず、やりたいものをやりたいようにやるつもりです。
でも、コミュニティという括りで目を向けても、調査関係のツイートや新しい企画の草案など、面白そうなことはまだまだいっぱい転がっているように思うので、自分も共に転がっていく所存です。

私は現在就活真っ最中なこともあり、こう見えて(?)たまに超落ち込むこともあるんですが、皆さんとのやり取りが自分の元気の源になっているので、これからも引き続きよろしくお願いします!

↑このページのトップヘ