冷蔵庫

100年後の日本、いや世界中のヨーグルトはみんな一つの冷蔵庫に収められるんだ

お待たせしました(俺が待ってた)、チャージカルの感想記事です。
とりあえずご覧頂けたら嬉しいです。

※本記事では基本的に略称をチャージカルとします。公式にはチャー研ステと略されます。







▲追記:今更ながらタイトルロゴ、今使っても昭和アニメっぽさを感じさせなくてカッコイイよね
 
11月1日、東京都内で行われた「LIVEミュージカル演劇『チャージマン研!』」を観に新宿FACEへ行ってきました。
私自身、この出来事は他記事とは比べ物にならない位丁寧にブログ記事にしようと思ったため、最初の観劇からかなり時間が空いてしまいました。
出来れば上演期間中に投稿して宣伝記事にしたかった…!

帰宅してからまずは、書きたかった「チャージカル以前の出来事」をまずはアウトプットし、それからじっくり向き合おうと思い以下4本の記事を書きました。そんな事してるから1週間も空くんだ。

静岡と三重と岐阜へ行ってきた ←この翌週東京だってのに散財するバカ
you are an ンョ゛ハー゛
番組レビュー:みんなの説や27時間テレビ+こぼれ話
男性向け・女性向けの区別の無い漫画雑誌を作る事は可能か





丁寧に書きたかった理由①
当日の観劇感想の先出しとなりますが…チャージカルでは開幕、キャスト全員による主題歌の披露後、藤原祐規さんによる「チャージマン研!とは何か」の朗読が始まります。
ここでは映像と共にアニメ「チャージマン研!」の概要、および、ブーム後の近年の動向が紹介され、「昭和に生まれ、平成に復活し、令和で伝説となる」チャー研の少々奇特な歴史を観客全員が理解することとなる[ほんとか?]


……さて見た人に問う。こんなシーンが無かっただろうか?


「2010年、36年の時を経て公式サイトがオープン。」



……。




俺はこの時、心の中でめちゃくちゃ汗をかいた。続きを読む

えー!初めに言っておくとそういう感じの記事なんですが、最近起きてる話題とは関係の無い部分で話を展開するので、先入観とか無しに読んでくれると嬉しいです!いや難しいけど!
この記事の次は本当に観劇感想だから!ね!(自分に言ってる)
続きを読む

久々にテレビ番組に関する話です。


◆水曜日のダウンタウン みんなの説SP(10/30)
小ネタ集感覚で見れる特別編。視聴者投稿の説を一気に検証する他、番組を見ている人にとってはニヤリと来るネタやお約束(○○シリーズ)も盛り込まれています。
今回ピックアップしたいのはこんな場面。
「今ボトルキャップチャレンジの動画を投稿してる人おっかない説」のVTRからスタジオトークへの流れ。
続きを読む




嘘だろ…。続きを読む

↓この記事の大まかな概要

続きを読む

↑このページのトップヘ